強い日差しや紫外線は肌へ大きな悪影響をもたらします。

しっかり紫外線から肌を守らなければ、シミやそばかすのができてしまいます。

しかし、女性の方は日焼け止めを塗るだけではなく、化粧をして外出することでしょう。

そこで日焼け止めと化粧下地の塗り方コツを紹介していきたいと思います。

ファンデの順番や、汗で崩れてしまった時の綺麗な塗り直し方なども合わせて紹介します。

紫外線の強い日もお肌をしっかりと守り、おしゃれを楽しみたいですね。

スポンサーリンク

日焼け止めを塗る順番

女性は日焼けを防止するために、日焼け止めを塗るだけではなく、化粧もして外出することでしょう。

ここで疑問を感じるのは、日焼け止めと化粧下地、どちらを先に塗るかです。

迷ったことはありませんか?

日焼け止めを一番下に塗ったら、日焼けを防止することが出来なくってしまうのではないか・・・。化粧下地を先に塗らないと、化粧崩れするのでは・・・?などと考えてしまいますよね。

日焼け止めが先?

日焼け止めと化粧下地のどちらを先に塗るかについては諸説あります。

しかし、おすすめは日焼け止めを塗るという方法です。

順番として、

化粧水 → 日焼け止め → 化粧下地

となりますね。

日焼け止めや化粧下地を塗る本来の目的を考えてみましょう。

日焼け止め

紫外線の影響によるシミやそばかすを防ぐために塗る。

しっかりと防ぐためには、顔全体に均一になるように塗り伸ばさなければならない。

化粧下地

肌を整え、ファンデーションをしっかりと密着させることで、

ムラにならないようにしたり、化粧崩れを防いでくれる。

 

という事は、化粧下地はファンデーションをする直前に使用しなければ、本来の目的を果たすことができなくなってしまうのですね。

また、日焼け止めによりシミやそばかすを防ぐことができますが、その上から化粧下地とファンデーションを重ねることで、より紫外線から肌をガードすることができます。

日焼け止めを塗るコツは?

大切なのは化粧水!

先にも少々触れましたが、日焼け止めを塗る前の化粧水がポイントです。

日焼け止めは顔全体に均一になるように塗らなければいけませんが、肌の状態が整っていない状態で塗ってしまうと、ムラができてしまいます

化粧水で肌の状態を整えておくと、均一に綺麗に塗ることができるので、化粧水をつけることを忘れないようにしましょう。

塗る量

日焼け止めを顔に塗る際、塗りすぎてしまうと顔が白くなりすぎてしまう事があります。

だからといって日焼け止めの量を減らしてしまうと、紫外線を遮断することはできなくなり、意味がなくなってしまいます。

正しい日焼け止めの量としては、五百円玉くらいになります。

少々多く感じるかもしれませんが、意外と塗り忘れてしまうまぶたや耳たぶなどにもしっかりと塗りましょう。

塗り方

まずは、おでこ・鼻の頭・目の下・頬・顎に少しずつ日焼け止めをチョンチョンとおいていきます。

その後、顔の外側に向かって優しく伸ばしていきましょう。この時に肌に擦りこむようにする必要はなく、優しく伸ばしていきます

全体に伸ばせたら、ムラをなくすためにも手のひらを使って、顔全体をぺたぺたのなじませていき、完成です。

日焼け止めと化粧下地の選び方

日焼け止めのタイプ

日焼け止めは一般的にリキットタイプのものが多いのですが、まれにパウダータイプの日焼け止めがあります。

パウダータイプの日焼け止めの場合、化粧下地の前に塗ってしまうと、化粧崩れしやすくなってしまいます。

出来れば顔に塗るものはリキットタイプの物にした方が、化粧崩れを防ぐことができるでしょう。

化粧下地の色

日焼け止めを塗るとどうしても顔が白っぽくなってしまいますよね。

ファンデーションでカバーできるくらいであれば問題ありません。

しかし、気になるときやもう少し、健康的な肌に見せたいといった場合は、化粧下地には透明なものから色のついたものまで、様々な商品があるので、肌色も調節できるような色付きの化粧下地を選ぶと良いですね。

ファンデーションを塗る順番とコツ

ファンデーションのタイプ

ファンデーションを塗るのは。化粧下地の次になりますね。

コツとしては、ファンデーションの選び方にあります。

リキットファンデーションやクリームファンデーションの中にも紫外線を防ぐ効果があるものはありますが、中でも日焼け止めや化粧下地とともに紫外線を防いでくれる効果があるのがパウダーファンデーションなのです。

実際に日焼け止めを塗っただけの人と、パウダーファンデーションだけを塗った人とでは、パウダーファンデーションの実を塗った人のほうが日焼けをしなかったという結果もあるほどです。

日焼け止め効果について記載されていないパウダーファンデーションでも紫外線を防いでくれる効果があるという事で、これはパウダーファンデーションを使うしかありませんね。

ファンデーションの色

日焼け止めを塗ると、仕上がりが白っぽくなってしまう傾向があります。

日焼け止めを塗るときは、いつもよりもワントーン暗めのファンデーションを選ぶことで、改善されるでしょう。

化粧崩れと日焼け止めの塗り直し

日差しが強い日は汗をかきやすくなるため、化粧崩れもしやすくなってしまいますよね。

まずは、化粧をする段階で、薄塗にすることが大切です。崩れないようにと、たっぷりとしっかりと塗ってしまいがちですが、薄づきにすることで崩れにくくなります。

しかしそれでも崩れてきてしまった場合は塗り直さなければいけませんよね・・・。

汗や皮脂をしっかりと落とす

まずは焦って上からファンデーションを塗足し、化粧崩れを隠そうとするのはNGです。

ティッシュを活用し、汗や皮脂をしっかりと落としてしまいましょう。ティッシュは水分や油分を吸収しやすいので、上から軽く抑えるように拭くだけで、しっかりと拭き取れます。

そのまま塗り直しても、またすぐに崩れてしまいます。見た目もテカテカしたり、粉浮きして汚い肌に見えてしまいます。

汗や皮脂を拭き取っただけでも、化粧が落ち着き、綺麗に見えるようになりますが、完全に落ちてしまっているところに、塗り足していきましょう。

ファンデーションを使わない!

化粧崩れをした部分を、他の部分と統一させるためにファンデーションを塗り足してしまいがちですよね。

しかし、ファンデーションが落ちた部分にファンデーションを塗り重ね、更に化粧崩れが起きたときに、かなりひどい状態に陥ってしまいます。

ファンデーションは使わずに、崩れた部分にのみコーンシーラを塗り、その上からカラーレスのルースパウダーをのせましょう

色がついていないパウダーを使うことで、透明感が生まれ綺麗な肌に見え、他の部分とも馴染んで見えます。

崩れた部分だけを修正するというイメージですね。

崩れていない部分、少々崩れ気味のところは触れないようにします。

化粧水スプレーは危険!

化粧崩れを直すために化粧水スプレーを塗り、全体をなじませることで、化粧直しができたと思っているケースがあります。

しかし、化粧スプレーは使用しないことをおすすめします。

化粧水スプレーを化粧した状態の上からしてしまうと、毛穴の中までファンデーションの粉などを染み込ませてしまう状態になります。

毛穴に汚れがつまり、ニキビや肌荒れの原因となってしまいますね。

また、化粧水は蒸発してしまう特徴があるのですが、化粧水とともに、肌に必要な水分までが飛んでしまい、乾燥を招き、見た目もカサカサしてしまいますし、肌に負担もかかります。

化粧崩れを直すために化粧スプレーを使うのはおすすめしません。

日焼け止めの落とし方

日焼けを防ぐために、全体に丁寧に塗った分、洗顔も丁寧にしっかりと落とすことが大切です。

意外と小鼻の周りフェイスラインなどは落とし野越してしまいがちなので気を付けましょう。

また、日焼け止めを落とそうとして強くこすらず優しく落とすと良いです。お湯で落ちるタイプの日焼け止めを使うと擦らなくても綺麗に落ちるので良いですね。

落とした後の保湿も忘れずに!

まとめ

  • 塗る順番は化粧水→日焼け止め→化粧下地→ファンデーション
  • 化粧水で肌を整えてから塗るとムラにならない
  • ファンデーションはパウダーファンデションがおすすめ
  • 直す時は崩れた部分だけをコンシーラーとカラーレスパウダーで直す。
  • 使用後の落とし残しに注意

シミやそばかすは一度できてしまうと、消すのがとても大変です。

出来てしまう前に正しく予防しておきたいですね。

また、化粧崩れの直し方を知っていると、暑い時期の外出も心配なく楽しめそうです。