ついに2017年夏の甲子園が開催されます。

高校球児達の熾烈な戦いがいよいよ始まるということで、どんな熱いドラマが繰り広げられるかワクワクしてきますよね。

甲子園には全国の予選を勝ち抜いた名だたる強豪が名を連ねています。

どの高校も魅力的で、県外でもファンになっている人もいるのではないでしょうか。

今回は甲子園に出場する高校の内、熊本県の秀岳館高校野球部にスポットを当ててみることにしました。

高校野球選抜2017夏でもとりわけ注目されている秀岳館高校ですが、どんな選手がいるのでしょうか?

今回はスタメン、ドラフト候補に注目するとともに、秀岳館高校の戦績やチームの特徴をご紹介します。

スポンサーリンク

秀岳館高校野球部の選抜夏の甲子園2017スタメンとドラフト候補!

秀岳館高校野球部のスタメン

秀岳館高校野球部のスタメンは熊本大会での決勝を参照すると以下のメンバーになります。

打順 ポジション 名前 学年 出身
1 センター 竹輪涼介 3 武雄中
2 ショート 半情冬馬 3 直方ボーイズ
3 ファースト 木本凌雅 3 枚方ボーイズ
4 サード 廣部就平 3 枚方ボーイズ
5 レフト 石井卓弥 3 那覇国際ポニーズ
6 セカンド 渡部瑠維 2 ヤンキース岡山
7 ライト 山下竜哉 2 糸島ボーイズ
8 キャッチャー 幸地竜弥 3 玉城中
9 ピッチャー 川端健斗 3 南都ボーイズ
控え ピッチャー 田浦文丸 3 糸島ボーイズ
控え センター 藤本舜 3 久留米東ボーイズ
控え ライト 赤坂銀次郎 3 森口ボーイズ
控え ピッチャー 西村思努 3 枚方ボーイズ
控え キャッチャー 橋口将崇 2 福岡フェニックス
控え キャッチャー 上原敦己 2 岡山ヤンキース

 

秀岳館高校のドラフト候補

秀岳館高校の野球部メンバーのうち、ドラフト候補となり得る注目選手は3人います。

それぞれご紹介しますね。

川端健斗

川端健斗は秀岳館高校で一番有名だといっても過言ではない驚異的なピッチャー。

最高速度148kmに達する球速と高い制球力による安定感のあるピッチングが特徴。

球種も豊富にあり、緩急織り交ぜて相手を翻弄します。

おまけに打撃も打率3割をキープするなど、なかなかの芸達者です。

2016年の甲子園ではその好投ぶりで一躍話題になりました。

また第28回のWBSCU-18ベースボールワールドカップの日本代表にも選ばれており、国際的な活躍も期待できます。

甲子園で活躍すればドラフト入りは間違いないでしょう。

川端健斗(秀岳館)の出身中学やプロフ!球種や球速とドラフト予想も

 

田浦文丸

川端健斗と秀岳館の二枚看板となっていると過言ではないのが、ピッチャーの田浦文丸。

こちらも球速143キロという速球の持ち主です。

特徴的なのは相手の内角をガンガン攻める強気なピッチング。

小柄ながらも頼れるサウスポーとして甲子園でもチームを引っ張っていくでしょう。

田浦文丸(秀岳館)の出身中学やプロフ!球種や球速とドラフト予想も

 

木本凌雅

ファーストの木本凌雅も見逃せない選手の一人です。

打撃技術の高さや守備の安定感で、非常に高い評価を受けている野手です。

中学3年生の頃にはNOMOジャパンの一人として国際大会を経験しているなどキャリアは申し分なし。

左右両方に対応でき、広角に強い打球を放てるのが木本凌雅の強み。

甲子園でも快音を響かせてくれるでしょう。

秀岳館高校の戦績や特徴

秀岳館高校の戦績

ここでは秀岳館高校の過去の戦績を振り返ってみましょう。

振り返るのは2016年の「九州地区秋季大会」と「選抜高校野球2017春」です。

九州地区秋季大会

2016年の九州地区秋季大会での秀岳館高校は「準決勝敗退」でした。

初戦は圧倒的攻撃力の打者と甲子園経験者が揃った投手陣でコールド勝利し、準々決勝も5点以上の点差をつけて勝利を飾っています。

しかし準決勝ではプロ注目のピッチャーである三浦銀二擁する福岡大大濠高校にまさかの完封負け。

惜しくも決勝戦進出を逃しました。

秀岳館高校は2015年にこの九州地区秋季大会で優勝しており、2連覇の期待がかかっていただけに非常に悔しい結果となっています。

選抜高校野球2017春

秀岳館高校が高校野球ファンの間で語り草になっている名勝負を演じたのはこの選抜高校野球2017春です。

秀岳館高校は選抜高校野球2017春で準決勝まで進出し、大阪の強豪である大阪桐蔭高校と激突しました。

秀岳館は強豪である大阪桐蔭高校と6回までお互い無失点という当主同士の熾烈な戦いを繰り広げましたが、7回で1失点、その後も点を失い2-0と追い込まれます。

しかし秀岳館の誇る打撃の要である半情、木本の活躍で1点を返し、猛追。

それでも大阪桐蔭に逃げ切られ、3季連続甲子園ベスト4という結果になります。

本当に惜しい試合でしたが、白熱の投手戦、9回での息を呑む攻防は必見!

名試合と呼ぶにはふさわしい試合でしょう。

秀岳館高校野球部の特徴は?

秀岳館高校野球部の特徴は何より「選手の結束の強さ」と「選手層の厚さ」でしょう。

秀岳館高校野球部はかつて枚方ボーイズを率いた鍛治舎監督が監督を務めており、その人脈もあってかボーイズリーグ出身者が多いのが特徴です。

小学生の頃から同じ地区や県で野球を磨き合ってきたメンバーが多いので、その関係は深く、非常に固い結束を持っています。

また投手は川端健斗と田浦文丸という二枚看板、野手は木本凌雅や半情冬馬などいるように選手層の厚さも特徴的。

特定のエースに依存するチームではなく、全体でそれぞれの役目で活躍できる選手が揃っているのが秀岳館高校の強さです。

まとめ

  • 秀岳館高校のスタメンは熊本県地区予選のメンバーが中心になると思われる。
  • 二枚看板の川端健斗と田浦文丸、野手の木本凌雅が注目選手。
  • 2016年の九州地区秋季大会や選抜高校野球2017春はそれぞれ準決勝敗退。
  • 秀岳館高校野球部は結束力の高さと選手層の厚さがウリ。

秀岳館高校野球は今や甲子園をにぎわせる強豪校の一つともいえます。

2016年の3年生の中には実際にプロ野球選手なったメンバーもおり、ドラフトも注目しているといっても過言ではないでしょう。

何より秀岳館高校は3季連続甲子園ベスト4を達成していますが、それは裏を返すと優勝まであと一歩を連続で逃しているということ。

2017年での甲子園優勝に燃えているのは誰よりも彼らであるはずです。

2017年、秀岳館高校の大逆襲に期待しましょう!