2017年の“春の甲子園”こと選抜高校野球大会に出場する大阪桐蔭高校野球部(大阪)のメンバーと出身中学を紹介いたします。

大阪桐蔭高校は、春の甲子園や夏の甲子園に出場するたび優勝候補として世間を騒がす名門高校です。大阪桐蔭高校は新鋭強豪校とも呼ばれています。その理由はなんと、甲子園優勝通算5回を達成し、その優勝はすべて平成になってからの成績であるからです。

平成の高校野球チームのトップであると言っても過言ではありませんね。

さて、それでは最も注目すべき大阪桐蔭高校野球部(大阪)のスタメン情報、そして注目のドラフト候補選手をご紹介いたします。

最後までご覧ください(^^♪

スポンサーリンク

大阪桐蔭高校野球部 2017年選手一覧・スタメン情報 



番号 名前 位置 出身中学 出身シニア等
1 徳山 壮磨 投手 3 兵庫    姫路市高丘中 兵庫夢前クラブ
2 岩本 久重 捕手 3 滋賀    大津市北大路中 大津北シニア
3 福井 章吾 内野手 3 大阪    豊中市第五中 簑面ボーイズ
4 坂之下 晴人 内野手 3 大阪    大阪市港中 大正シニア
5 中川 卓也 内野手 2 大阪    大阪市長吉中 大阪福島シニア
6 泉口 友汰 内野手 3 和歌山 御坊市河南中 和歌山日高ボーイズ
7 根尾 昴 外野手 2 岐阜    飛騨市古川中 飛騨高山ボーイズ
8 藤原 恭大 外野手 2 大阪    豊中市第五中 枚方ボーイズ
9 山本ダンテ武蔵 外野手 3 広島    江田島市三高中 瀬戸内シニア
10 香川 麗爾 控え 3 徳島    徳島市北井上中 神戸中央シニア
11 横川 凱 控え 2 滋賀    米原市大東中 湖北ボーイズ
12 宮崎 仁斗 控え 2 奈良  川西町三宅町組合立式下中 志貴ボーイズ
13 山田 健太 控え 2 愛知  稲沢市千代田中 東海ボーイズ
14 加藤 大貴 控え 3 三重  紀北町潮南中 海山シニア
15 井上 大輔 控え 3 岐阜    養老町東部中 尾張ボーイズ
16 坂本 義生 控え 3 大阪    八尾市曙川南中 八尾中央ボーイズ
17 小林 大介 控え 3 奈良    奈良市登美ヶ丘中 志貴ボーイズ
18 西島 一波 控え 3 和歌山 那智勝浦町下里中 和歌山南紀ボーイズ

 

大阪桐蔭高校野球部注目選手 

徳山荘磨 選手

注目No.1は右腕のエース投手、徳山荘磨 選手です。

中学時代は兵庫夢前クラブに所属していました。

大阪桐蔭高校野球部では2年の春から背番号1番を背負い、春の甲子園のマウンドも経験するなどして経験豊富な選手です。1年の秋からベンチ入りも獲得しています。

特徴は身長183cm体重72kgの細身で長身な体格から繰り出されるストレートです。

腕の振りが非常に柔らかく、無駄のない綺麗なフォームで最速145km/h、常時135km/hの直球を投げ込みます。

伸びのあるストレートと120km/h前後のスライダーを中心に組み立てて投球します。

高校野球の頂点ともいえる大阪桐蔭高校野球部でエースを担う徳山荘磨選手は、ドラフト候補選手としてプロの注目を浴びながら2017年の春の甲子園に臨みます。

横川凱 選手

 中学時代は湖北ボーイズに所属していました。

 中学3年の夏にはNOMOジャパンで米遠征を経験しています。

当時はNO.1左腕投手と呼ばれた逸材です。

190cmの長身で、その恵まれた体格から角度のある最速143km/hのストレートを投げ下ろします。

バランスの良い綺麗な投球フォームで、武器である速球とスライダーを中心に戦います。

 大阪桐蔭高校野球部では1年の秋に背番号10の座を獲得し、中学時代に引き続き注目を浴びる将来のドラフト候補選手です。

 秋には左肩痛により本領を発揮できなかったため、春の甲子園では万全なコンディションでの全力プレーに注目したいですね。

岩本久重 選手

中学時代は大津北シニアに所属していました。

身長182cm体重82kgという恵まれた体格の強肩捕手です。

中学3年の夏には日本代表として15Uワールドカップに出場しています。

最上級生となった2016年秋の新チームでは8番正捕手としてレギュラー入りをしました。

強肩とともにもうひとつの大きな武器となるのが、鋭く振り切るスイングです。強打者として高校通算18本塁打を記録するなどの長打力もあるドラフト候補です。

根尾昴 選手

中学時代は飛騨高山ボーイズに所属していました。

体のバネや強肩を活かした投球は、中学時代に驚愕の最速146km/hをマークし、当時からプロに注目される右腕投手です。

大阪桐蔭高校野球部では1年の夏からベンチ入りし、新チームでは投手の他にショートや外野手としてマウンドにあがることもある、超高校級の三刀流選手です。

最速148km/hの速球を持っているうえに、バッティングセンスも抜群で、4番を務めることも多い選手です。

まだ新2年生ですが、すでに多くのプロから注目されており、ドラフト候補は間違いないとされています。今年だけでなく来年の甲子園での活躍も期待したい選手ですね。

藤原恭大 選手

中学時代ではオール枚方ボーイズに所属していました。

大阪桐蔭高校野球部では多くの実力者のいる中、1年の夏にレギュラーでスタメン出場をしています。

走攻守揃った野球センス抜群の選手で、積極的なバッティングをします。

フルスイングで長打力があるうえにミートが上手いため、打順は1番を任されることが多いです。

外野手ですが、投手もできて球速は140km/hを超えます。

新2年生として今後の成長にも注目していきたいですね。

 

過去の戦績

2016年度の試合戦績

  • 大阪府大会:3位
  • 秋季近畿大会:ベスト4

いずれも優勝を逃してしまった大阪桐蔭高校ですが、名選手が大勢いることもあり春の甲子園では優勝候補の一角に名前が挙がっています。

大阪桐蔭高校の甲子園戦績

  • 春の甲子園:出場8回 優勝1回 
  • 夏の甲子園:出場8回 優勝4回 

大阪桐蔭高校の甲子園での戦績を見てみると、優勝5回という驚異の成績を残しています。

優勝は平成になってからの成績であり、決勝戦では負けなしというのも特徴的です。

夏のイメージが強いですが、2012年ぶりの春の甲子園優勝に期待したいですね。 

大阪桐蔭高校の特徴

総合力の高いチーム!

徳山荘磨選手を始めとしたドラフト候補選手たちに加え、根尾昴選手や藤原恭大選手などの超強力な新2年生により非常に総合力の高いチームとなっています。

マルチに役割をこなす選手も多く、高校野球界No.1の総合力といえるでしょう。

豊富な投手陣!

 大阪桐蔭高校には最速140km/h台を誇る選手が4人もいます。

 例年と比べても全く見劣りのしない投手陣の戦力で、春の甲子園優勝を目指します。

 

まとめ

  • 要注目のドラフト候補選手は「徳山荘磨」選手!
  • 「根尾昴選手」や「藤原恭大選手」を中心とした超高校級の新2年生に注目!
  • 逸材揃いの大阪桐蔭高校の総合力で優勝を狙う!

大阪桐蔭高校は大阪府大会や秋季近畿大会では物足りない結果となってしまいました。

2017年の春の甲子園大会では是非とも優勝目指して満足のいく結果を残して欲しいですね。

また、ドラフト候補選手や新2年生など多くの選手が注目を浴びていますが、そのような期待の中、優勝候補としてどんなプレーを見せてくれるのか楽しみです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。