今年も後半戦。新入社員だった方も、会社に慣れてきたころではないでしょうか。

そんな時期にやってくるのが忘年会。

学生時代の忘年会は自由ですが、会社の忘年会となると会場の予約から余興の準備までこなさなければなりません。

余興は忘年会を盛り上げる非常に重要なポイントになります。

余興を頼まれても、おいそれと良い案は浮かばないのではないでしょうか。

今回は、そんなときに使える忘年会のおすすめの余興ネタを5つと女性におすすめの出し物3つを紹介します。

スポンサーリンク

忘年会の余興ネタ5選

諸刃の剣「アキラ100%」

アキラ100%は2017年のR-1グランプリで優勝を果たしました。

まさに、今年の忘年会の余興ネタにはピッタリだと言えます。

また、数多くの番組に出演しているため、あまり流行を知らない年上の方でも伝わるでしょう。

やる側も準備するものが少なくて済むので、一石二鳥です。

シンプルで分かりやすいネタなので、成功すれば盛り上がること間違いありません。

ただし、余興で成功させるには入念な練習が必要です。

このネタは「見えそうで見えない!」というハラハラ感が重要ですので、失敗してしまうと滑ってしまいます。

トップバッターで盛り上げる「サンシャイン池崎」

「空前絶後のぉぉぉ!」と大声で始まる「サンシャイン池崎」のネタは、余興のトップバッターにピッタリでしょう。

みんなが盛り上がるには起爆剤となる人が必要です。

「サンシャイン池崎」のネタは、忘年会を盛り上げる良い起爆剤となることでしょう。

盛り上がる土台ができれば、そのあとにネタを披露する人の緊張も解れ、思い切ってネタを披露できます。

シュールなダンスで笑いを取る「にゃんこスター」

結成5ヶ月あまりでキングオブコント準優勝を果たした「にゃんこすたー」。今までのお笑いに無かった斬新なネタであることから、優勝コンビの「かまいたち」よりも話題になっています。

「にゃんこスター」のネタはアンゴラ村長(ボケ)大塚愛の曲に合わせてダンスをします。

AメロBメロをフラフープや縄跳びを普通の踊りをします。

そして、サビに突入した瞬間持っていものを投げ捨て、今までとは一転してシュールな踊りを始めます。

AメロBメロのダンスとサビのシュールなダンスのギャップで笑いが起こります。

余興で披露する場合は、ギャップに注意すると上手く踊れるでしょう。

王道!「ピコ太郎」

PPAPの流行は過ぎたかと思われましたが、安部首相主催の晩餐会に出席したことで再び話題になりました。

PPAPの動画は日本国内だけでなく世界各地で話題となったことから、年齢問わず知名度があります。

同僚から上司まで幅広い層をカバーできる、安定した余興のネタです。

簡単だけど盛り上がる!「アリ・ナシ」クイズ

「ものまねは苦手……」という方におすすめなのが「アリ・ナシ」クイズです。

あまり個人的なものを入れると人間関係が悪くなる可能性があるので注意してください。

これは、壇上に何人か上げ、MCが質問し、壇上に上げられた人はその質問に対して「○」「×」で、「アリ」と「ナシ」を回答させる、というクイズです。

例えば会社の忘年会であれば、「今年の冬のボーナスの査定はアリ? それともナシ?」などのきわどい質問を入れた方が盛り上がります。

ちょっとセクハラにならないよう気を付けないといけないですが、女性社員に対し、「この上司は・・・アリ?ナシ?」と意味深な意味にするなども手ですね。

(人はちゃんと選びましょう。そうしないと後で痛い目を見ます(笑))

このように単純ながら、大盛り上がりの可能性を秘めている余興ネタです。

盛り上げるポイントはやはり、質問内容です。

きわどい質問を出すことで回答者だけでなく、見ている人も楽しめます。

スポンサーリンク

女性におすすめの出し物3選

ここでは、女性におすすめの余興ネタを3つご紹介します。

バブルネタで上司の心を鷲づかみ!「平野ノラ」

まず、女性におすすめの余興ネタは、バブルネタで一躍人気となった「平野ノラ」です。派手な衣装と派手なメイクで目を惹きます。バブルネタなので年上の上司にも評判が良いでしょう。

「平野ノラ」のバブルネタを余興ネタとしてやる場合、服装選びがポイントとなります。

地味な服装ですと、中途半端になってしまい、すべる可能性があります。

「やりすぎかな?」くらいの衣装とメイクをすると良いでしょう。

もはや鉄板!「ブルゾンちえみ」

ハロウィンでも「ブルゾンちえみ」のコスプレをする人が多くいました。

SNS上でも真似をしている人の写真が数多くヒットします。「ブルゾンちえみ」は女性の余興ネタのなかでは王道と言えるでしょう。

withBを上司にやってもらうのも盛り上がるかもしれません。

ぜひともブルゾンちえみをやってみたい!という方は、「ブルゾンちえみのメイクのやり方や衣装」をご紹介しておりますので、そちらもご覧いただければ幸いです。

複数人でやるならこれ!「恋ダンス」

TBSドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』のエンディングである「恋ダンス」。

「かわいい!」と話題になり、各所で踊りをコピーする人が現れました。

少し流行遅れの気がしますが、最新の流行を取り入れてしまうと上司の世代はついていけません。流行して時間がある程度経った今こそ、「恋ダンス」です。

多くの人が知っているので、完璧に踊ることができれば盛り上がること間違いありません。

恋ダンスの踊り方については「恋ダンスのフル振り付けと踊り方のコツ!」にまとめております。

是非参考にしていただき、恋ダンスで男性陣を魅了していただければと思います(笑)

まとめ

  • おすすめの余興ネタは「アキラ100%」「サンシャイン池崎」「ピコ太郎」「にゃんこスター」
  • 女性におすすめの余興ネタは「平野ノラ」「ブルゾンちえみ」「恋ダンス」
  • ものまねが苦手な人は「アリ・ナシ」クイズがおすすめ!

男性向けの余興ネタは勢いのあるものとシンプルなものが多く、女性向けの余興ネタは衣装の派手さが多いという傾向があります。どちらも、入念な準備をして完成度を上げれば盛り上がること間違いありません。

最後まで読んで頂きありがとうございました。