乃木坂46、欅坂46と人気アイドルの代名詞といっても過言ではない秋元康プロデュースに「坂シリーズ」ですが、なんと3つ目のグループ「吉本坂46」の結成が発表されました。

おまけに「吉本」の名の通り、メンバーの対象となるのは吉本クリエイティブ・エージェンシーに所属しているタレントであり、おまけに男女どちらでもOKだとか。

メンバーの資格がよしもとクリエイティブ・エージェンシー所属、男女混合とこれまでのアイドルの概念を覆す吉本坂46。

一体どんなグループになるのか、センターは誰になるのか、シングルは出るのかと気になることだらけですよね。

 

今回はそんな吉本坂46の現段階で分かっている情報をお伝えします!

スポンサーリンク

吉本坂46とは

吉本坂46とは一体何か?

吉本坂46は2018年の2月21日、よしもと∞ホールに集められた1000人を超える芸人達の前で突然発足が発表されました。

プロデューサーは「乃木坂46」、「欅坂46」といった「坂」シリーズのアイドルグループだけでなく、AKB48などモンスターヒットを送り出すアイドルを手掛ける名プロデューサー、秋元康。

これだけでも驚くべきことですが、何よりすごいのが吉本坂46の概要です。

アイドルグループ、とりわけ「坂」シリーズのアイドルであれば一般の中からオーディションで選ばれた美少女でグループを結成…というイメージがありますが、吉本坂46は一味違います。

参加資格は「NMB48以外のよしもとクリエイティブ・エージェンシー所属であること」。

つまり対象となるのはNMB48を除く約6000人にも上るよしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の人間全てとなります。

おまけに性別、年齢、キャリアも不問。

オーディションさえ通過してしまえば若手だろうがベテランだろうが誰でもOK。

肩書も芸人だろうが役者だろうが歌手だろうが文化人だろうがスポーツ選手だろうが誰でもアイドルになれてしまうわけです。

ここまでくると従来のアイドルのイメージが全部ひっくり返ってしまいますよね(笑)。

前代未聞尽くしの吉本坂46。

その話題性で2018年を沸騰させることは間違いないでしょう。

吉本坂46はどんなグループになりそう?

まだオーディションも始まっていない吉本坂46ですが、一体どんなグループになりそうなのでしょうか?

発表会見では吉本坂46の目標は「紅白歌合戦出場」ということ。

つまり音楽やダンスで売り出すグループだということです。

「いやいやよしもとの人で歌だのダンスだのって…」と感じるかもしれませんが、似たような前例は過去にあります。

2001年~2002年の間に期間限定で結成された「Re:Japan」。

ダウンタウンやココリコなどのよしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の人気芸人によって結成されており、紅白歌合戦出場を果たしています。

Re:Japanは吉本坂46とは違う経緯で結成されていますが音楽を主体に活動する点では似通っており、紅白歌合戦に出場するなど実績も作っています。

そもそもよしもとクリエイティブ・エージェンシーは過去に「吉本印天然素材」など音楽やダンスを取り入れたユニットを定期的に売り出しており、吉本坂46もこの流れを汲んでいると思われます。

秋元康自身、過去にとんねるずのコントの脚本も手掛けるなど、お笑いに造詣が深く、よしもとクリエイティブ・エージェンシーとの相性も非常に良いといえるでしょう。

ただし、吉本坂46はコント感0の「本格派アイドル」でいくということ。

お笑いと音楽の融合は今までに数あれど、お笑いのイメージが強いよしもとクリエイティブ・エージェンシーから本格的なアイドルが出てくるケースはかなり稀だといえます。

一体どんなメンバーを選ぶのか、一体どんなグループになるのかは全く予想がつきません。

【吉本坂46】選考~結成までの流れ

吉本坂46の選考日程はいつまで?

吉本坂46の選考はどういう流れでやるのでしょうか?

吉本坂46の選考はまだ全貌が発表されておらず、ひとまず応募の受付を3月上旬まで受け付けるということだけが明かされています。

秋元康自身もまだメンバーの数を決めておらず、まだまだ内容は未定の状態です。

そもそもよしもとクリエイティブ・エージェンシーは若手からベテランまで約6000人のタレントが所属しており、選考はかなり手間がかかる可能性があります。

またこれまでの「坂」シリーズのアイドルや他のアイドルグループと違い、吉本坂46はキャリア不問ではあれ、芸能事務所に所属するプロのタレントに参加資格が与えられています。

これまでのオーディションのように選考過程がオープンにされる可能性も低いでしょう。

吉本坂46の結成時期はいつ?

吉本坂46の結成はいつ頃になるのでしょうか?

発表会見では吉本坂46には「2018年内」に活動を開始する予定だと発表されています。

まだ選考が終了していない以上、どれだけの人数が集まり、いつ稼働を開始するかは現段階では不明なままです。

仮に3月上旬に応募が終了、そのまま順調に選考が進んだのなら、新年度がスタートする4月には吉本坂46のメンバーが発表されるかもしれません

吉本坂46のCDデビューはいつ?

吉本坂46が本格的なアイドルとしてデビューする以上、やはり気になるのはCDデビューです。

まだ選考もメンバー決定もしていない吉本坂46なのでCDデビューの具体的な時期は不明ですが、もしメンバーが4月に固まるのならある程度CDデビューの予測を立てることができます。

吉本坂46が「本格的なアイドル」を目指すのならば、まずは新曲の作成と並行しておそらく歌やダンスのレッスンを行うでしょう。

選考を通過したメンバーの実力にもよりますが、やはり1~2カ月くらいはレッスンをこなしておくと考えられます。

それを踏まえるとCDデビューは早ければ2018年の夏ごろ、7~8月ごろに実施される可能性が高いでしょう。

「坂」シリーズのアイドルグループは同じ秋元康プロデュースでもAKB48総選挙には参加しないので総選挙の時期がCDデビューには影響しないと思われます。

ただし、話題となるタイミングを考慮して総選挙が行われる6月よりも後になる7~8月ごろにCDデビューをする可能性が高いでしょう。

スポンサーリンク

吉本坂46のメンバー予想!

吉本坂46が結成され、よしもとクリエイティブ・エージェンシーからメンバーが選ばれるとなれば、やはり誰が選ばれるのかは気になるところです。

キャリア、性別は不問ということなので無名から人気者まで、若手からベテランまで総勢6000人の中から一体誰が選ばれるかは正直見当もつきません(笑)。

ただ、個人的にはセンターになりそうな人、恐らくメンバー入りする可能性が高いという人は何人かいましたので、ここで紹介してみます。

センターになりそうな人は?

やはりアイドルグループである以上、必ず決められるのは誰がセンターになるかということ。

正直センターは最も意外性のある人が選ばれそうですが、現段階でもセンターになり得る可能性が高い人は何人かいます。

ここでは個人的にセンターに可能性が高いと予想した男女3人をご紹介します!

光永(ひなた)

知名度は決して高くありませんが、過去に2015年の「吉本べっぴんランキング」で2位にランクインしたこともあり、そのルックスは高い評価を得ています。

外見はボーイッシュでどこか素朴なイメージがあり、なんというか秋元康が好きそう(笑)。

欅坂46のセンターがボーイッシュな平手友梨奈であることを考えると、センターに着く可能性は高いでしょう。

何より彼女の特技は歌とダンス!

歌はSuperflyや絢香など歌唱力が求められるアーティストの曲を得意とし、ダンスもヒップホップやジャズダンスができるためステージでパフォーマンスするにはうってつけです。

そもそも光永のネタは現役アイドルである山田涼介のものまね。

男性のものまねですが、ステージパフォーマンスにも通ずるネタなので、潜在性の高さを感じさせます。

センターになったとしても即戦力になる可能性が高いでしょう。

小川暖奈(スパイク)

お笑いコンビであるスパイクのボケ担当、小川暖奈もセンターとなり得る逸材です。

2015年には「吉本べっぴんランキング」で一位を獲得しており、そのルックスは折り紙付きです。

過去にはバンド活動をやっていたりと音楽経験もあり、宝塚歌劇風の漫才も披露しているため、ある程度の歌唱力は持っている可能性が高いです

ルックス面や若手であるからこその伸びしろも含めると、センター候補としては有力でしょう。

臼杵寛

吉本坂46は男性も所属できるグループなので、センターに男性が立つ場合も大いにあり得ます。

それを踏まえると、候補として挙げられるのは元dボタンの臼杵寛です。

臼杵寛は元々「めちゃイケ」のレギュラーだった三中元克とコンビを組んでいましたが、2018年に解散。

現在はピン芸人として活動しています。

彼はよしもとクリエイティブ・エージェンシーが結成したアイドルグループの「L.A.F.U.」の元メンバーでもあり、キャリアも申し分なし。

男性がセンターに立つなら彼になる可能性も高いでしょう。

メンバーとして選ばれる可能性が高い人は?

センターと行かずとも、吉本坂46のメンバーとして選ばれる可能性が高い人材もいます。

ここでは可能性が高い人を3人ご紹介!

桜・稲垣早希

「新世紀エヴァンゲリオン」のアスカのものまねで有名な稲垣早希。

ルックスももちろん、特有のアニメ声にも注目できます。

アイドルとしての実力は未知数ですが、ピアノが上手いため音楽的なセンスはありそうです。

映画監督の行定勲や声優の石田彰などもファンだと公言しており、知名度が一定以上あるためメンバー入りする可能性は高いでしょう。

田中聡美

「かわいすぎる女芸人」として注目を集めている田中聡美も吉本坂46にメンバー入りする可能性が高いでしょう。

年齢は36歳とアラフォーの域に入っていますが(笑)、ルックス面で見ればアイドルとして申し分ないでしょう。

本人も相方募集をしていますので、グループという形で一気に仲間を増やすのもいいかもしれませんね(笑)

ダークホースとして選ばれそうなメンバー予想!

本格的なアイドルとはいえ、吉本坂46は今までの常識を打ち破る異例尽くしのアイドルグループです。

ルックスなど関係なく、とんでもない人材が選ばれる可能性も充分にあります。

ここでは選考においてダークホースとなり得る人をご紹介します。

明石家さんま

吉本を語るならこの人は外せないでしょう(笑)。

明石家さんまのパーソナリティを考える限り、吉本坂46にも何らかの形で関わってくる可能性は捨てきれません。

ただこの人が来るとお笑い一色になっちゃうので微妙なところです(笑)

浜田雅功(ダウンタウン)

明石家さんまとならんで吉本を語るならこの人も外せません(笑)

誰もが恐れるゴリr…もといツッコミ番長の浜田雅功です。

一見冗談にも見えますが、お笑い芸人と音楽活動の歴史を語る上で浜田雅功は欠かせない存在です。

小室哲也とタッグを組んでミリオンヒットを飛ばしただけでなく、奥田民生や槇原敬之、中田ヤスタカといったビッグネームとのコラボで精力的に(笑)音楽活動を行っています。

彼自身紅白歌合戦出場に出場経験があり、2015年に「浜田ばみゅばみゅ」としてアイドルデビューしているため、吉本坂46の重要な戦力となるでしょう(笑)。

まとめ

  • 吉本坂46とは秋元康がプロデュースし、よしもとクリエイティブ・エージェンシーの中からメンバーが選ばれる。
  • 吉本坂46の参加資格はよしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属していれば性別、キャリア、年齢、肩書を問わない。
  • 吉本坂46の選考は3月上旬までに応募が終了後、順調にいけば4月中に完了すると思われる。
  • 吉本坂46が4月に結成した場合はレッスン期間を想定した場合、CDデビューは2018年の夏ごろになると思われる。
  • メンバー予想は難しいが、センターに立つ可能性が高いのは光永や小川暖奈、臼杵寛。
  • その他にも稲垣早希、田中聡美がメンバーに選ばれる可能性は高い。
  • ダークホースとしては明石家さんまや浜田雅功が挙げられる。

吉本坂46がどんなグループになるのか、どんな活動をするのかは現時点では発表されておらず、明確に予想をするのは難しいものです。

しかし「紅白歌合戦出場」を掲げている以上はかなり本格的なアイドルとして活動することが予想できます。

そうなったとしたら2018年は吉本坂46イヤーになるかもしれませんね。

更なる続報を期待しましょう!